2008年05月06日

英文を早く読む

大学受験指導で毎年される質問。「英文を早く読む方法を教えて下さい。」
このblogでは以前扱った気がしますが、あまりに良く質問される
内容なので念のため...
大学受験レベルで英文を早く読むには

1→単語力をあげる
2→精読の練習

の二つが基本です。


というと二つ目の精読に疑問を感じる生徒が多いのですが、
早く読むには精読演習が決定的に必要です。


頭をパソコンに例えるとわかりやすいでしょう。

パソコンは容量が決まっていて、あまりに不可をかけると
動作が遅くなるのは周知の通りです。

人間の頭の中もコンピュータほどではないですが、ある程度
一度に処理できることは決まっています。

ダンスを踊りながら数学の問題は解けないですよね。

英文を読む時は無意識のうちに色々な作業を同時にしています。

前の文の内容をキープしたり、英単語の意味を把握したり
構文を把握したり、全体の流れを意識したりなどなど。

受験生で一番差がつくのは、脳みその容量をできるだけ少量で
構文を把握できるかということになるかと思います。
構文把握に使うエネルギーを少なくできれば、文脈について
の意識も強くなり、結果として読むスピードがあがります。

構文演習を積んでいれば、省エネで取れるように必ずなります。

地味な作業ですが、頑張りましょう。英文解釈の中級の記事
が参考になるはずです
ラベル:受験 入試 英語
posted by Dieu at 16:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。