2008年02月28日

東大英語

東大英語!!本格的なコメントの前に今回の
記事はもうひとつ大切なことを紹介します。

東京大学の最初の問題に毎回要約問題が
課されますが、これはとても東大らしい
といつも思います。

なぜかと言うと、英語力+αが常に問われて
いるのが東大英語の特徴の一つだからです。

東大の最初の問題は、ある程度英語のできる生徒
であれば高校2年生くらいでも十分に読める内容
の英文であることが多いです。

つまり、何が書いてあるのかを読み取ることは
そこまで苦にならない英文です。

ところが厳しい字数制限のなかで要約するとなると
第一級の能力が問われている問題に様変わりします。

つまり、この問題は高度な英語力はもちろんのこと
日本語能力も高い水準で要求されているのです。

この英語力+αの部分が東大が最難関である理由の
ひとつであると思っています。

東大を目指す人は科目ごとの勉強はもちろんですが、
科目を横断するような学力を身につけることが絶対に
必要です。

その能力についての詳述は後日にしますね。

今日はもう眠たいのでここまで、京都の問題も
近々チェックしておかなくては...
ラベル:英語 入試 受験
posted by Dieu at 01:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。