2008年02月24日

慶應商学部 問題訂正

慶應大学商学部の地理の試験で出題に誤りが
あった模様です。

該当者は慶應のホームページでチェックして
おいて下さい。引用しておきます。


受験生各位

慶應義塾大学

2008年度慶應義塾大学商学部 一般入学試験における出題について

 

 2008年2月18日(月)に実施いたしました慶應義塾大学商学部の一般入学試験「地理歴史(地理)」の出題に誤りがありました。

 この対応につきまして慎重に検討した結果、下記のとおり対応することといたしましたので、お知らせいたします。受験生の皆様には、多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

 



 

1. 出題の誤りの内容

 誤りの内容:4〜5頁のU.問1の空欄 (56) (57) に対応する解答選択語群に、正解となるべき「39 総合保養地域整備」を「39 総合保養地整備」と誤って表記しました。

 

2. 採点および合否判定についての対応

 当該箇所について全受験生が正解を解答したものとみなして加点いたします。

 また、地理歴史の得点は、科目間の難易度の違いから生じる不公平をなくすために、統計的処理により得点の補正を行うことがありますが、その際、今回の措置により科目間の不公平が生じないように配慮いたします。

 

 なお、本学といたしまして、このような事態が続きましたことに深くお詫び申し上げます。今後このようなことが起こらないよう、事態を検証し、体制を整えて参りたいと存じます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上



以上です、こういう発表があるときいつも疑問なのですが、
出題ミスはどのようにきづくのでしょうか。

大学の教員がもう一度ときなおすのか、採点中に気付く
のか、あるいは予備校などから指摘があるのか...

だれかご存じの方いましたら教えてください♪
posted by Dieu at 00:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。