2008年02月22日

早稲田法学部 英語

早稲田大学法学部英語、個人的この学部の出題が
難関大学のスタンダードだと思っています。
08年度はどうだったのでしょうか。


結論からいってしまえば傾向は以前のものが踏襲
されました。今年も骨太の英語のデパートのよう
な問題です。

パラグラフごとの趣旨を理解する問題と、高い集中力
が要求される内容真偽といった異なった種類の長文問
題が一題ずつ。

独立した文法・語法・熟語問題と、自由英作文といった
まさに総合的な英語力をはかる最適な出題かと思います。

法学部志望の人が偏った英語学習をすることは考えにくい
ので、むしろそれ以外の大学・学部の志望者が早稲田の法
学部の問題をペースメーカーとして利用することもお勧め
です。

早稲田・法の志望者は総合的な英語力の育成を心がけつつ
早めに自由英作文対策に移れるといいでしょう。

東大と併願する受験生に負けないように、自由英作文の
トレーニングをしっかりやってください。
posted by Dieu at 00:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。