2008年02月08日

慶應薬学部

今年から慶應の名前での入試になった、慶應大学薬学部!!
共立薬科大時代に比べて試験のレベルがどうなるか、注目
していたのですが、やはり予想どおり...

若干ではありますが、難化したようですね。

何がむずかしくなったのかに注目すると、慶応のカラー
透けて見えてきます。

レベルがあがったのは、やはり語彙レベルの上昇が原因
でしょう。確かに、慶応のネームバリューに伴い、受験
生のレベルが上がるからというのも理由の一つですが、

それに際して語彙レベルをあげるというのは、まさに慶応
を象徴するかのような出来事であるかと思います。


やはり慶応英語に高度な語彙力は欠かせないのでしょうね。
来年、慶應を志望している受験生は、とにかく早い時期に
受験レベルの語彙力を身に着け、過去問などを通して、さ
らにレベルアップできるようにがんばってください。



posted by Dieu at 23:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。