2008年01月18日

大学受験と成長

一月に入ってからの受験生ってなんか好きです。
春には口を半分くらい開けてボケーっとしていて
コイツ大丈夫なのかぁ〜っなんて思っていた生徒が…

この時期になると俄然と頼もしくなっていたりして
うれしくなるケースが多々あります。


春の頃には「先生、なにをやればいいのかわかりません」
みたいな漠然とした質問をしてきたような生徒が、

今自分が何をすべきなのか、自分自身できちんと理解して
淡々としながら確実に、学習している姿は本当に頼もしいです。

春先のようなダラダラとした質問ではなく、的を絞った質問を
してきて、僕のほうも手短にそれにこたえる。

この時期のこういうほどよい緊張感と集中力のあるやりとり
をしていると、やっぱりみんな受験してよかったんだなぁっと思います。


本番の試験を迎えるにあたって、本来なら少し不安があってもいいのはずなのに
そのような素振りをみせずに、残りの時間を大切に使っている生徒を見ていると

僕のほうが彼らから大切なことを教えられた気がします。もちろん、今はまだ
彼らに対してありがとうなんて言えないのですが、みんなが第一志望に合格し
たあと、時間をたっぷり使ってそんな話ができればなぁなんて思っています。


blogを見てくれている人には、おそらく僕の直接の生徒はいないと思いますが、
きっと春先の頃よりも成長した自分を感じられると思います。

その感覚を大切にして、その成長した自分を信頼して、本番の試験に臨んで
きてくださいね♪♪♪


まずはセンター試験、皆さんの健闘を祈ります。


posted by Dieu at 01:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。