2007年11月22日

センター試験対策

難関大学志望受験生こんばんは、

そろそろセンター試験を意識する時期ではないでしょうか。
英語に関しては重大な弱点が発覚した場合、いまのうちに除去
しておかないと他の科目に影響が出てしまいます。


センター英語は決して難しくはないのですが、それでも
やはり9割以上を得点するにはすべての範囲において抜
け目なく得点しなくてはいけません。


正直、時間制限に気をつけさえすれば、センターの長文は
難関大学志望の生徒には容易なはずです。

では、なぜ毎年、センター英語で失敗する受験生がいるの
でしょうか。


それは、緊張もあるかもしれませんが、長文にたどり着くまでの
問題にいまいち自信がもてず、思ったより時間をかけてしまった
結果のような気がします。


そこで、難関大学を受ける人は、センターの前半の文法問題を、
言葉はわるいですがまさに瞬殺で片付ける練習をして欲しいと
思います。

発音・アクセント、4択の文法問題ははっきり言って視力検査
のつもりで即効で攻略してください。

センター試験で一番の鬼門は、整序作文だと思います。正解は
だせても以外に時間がかかってしまう受験生は多いのではない
でしょうか。

文法の知識が身についたあとで、整序作文を2〜3日の内に
まとめてある程度こなしてみましょう。もちろん整序作文は
しっかり考えて解答を導いて欲しいのですが、

センター試験に限っていってしまえば、習うより慣れろです。
整序で時間をかけてしまうという自覚症状のある受験生は、
是非やってみてください。


最後に、なぜこの時期に...というアナタに一言、

センター対策は年明けにとか考えている人もいるはずです。
たしかに英語だけならそれでもいいのですが、他の科目を考
えると英語は冬休み前になんとかしておきましょう。

年明けは、理科・歴史・公民・古文・漢文...
ホラ、他に後回しにしているものがあるはずです。

なので英語は早めにをオススメいたします。

以下に紹介するものは、4〜5日以内の短期間に一冊
やるぐらいのハイペースでどうぞ。2〜3日くらい
でやっても全然OKです(*^▽^)b


発音・アクセント、ここでこけると...
その後の問題に大影響を与えるのは想像に難くないです。
マーク式基礎問題集 1 (1) (河合塾シリーズ)


文法・語法を一気にやりましょう。
センター・マーク標準問題集英語〈文法・語法〉―代々木ゼミ方式 (分野別シリーズ)
マーク式基礎問題集 3 (3)


整序作文、これが鬼門ですよね♪
センター・マーク標準問題集英語〈整序完成〉―代々木ゼミ方式 (分野別シリーズ)
マーク式基礎問題集 5 (5)


センター試験に成功すると、残りはトントン拍子に行くものです。
しっかり準備して最高のパフォーマンスを発揮してください。
posted by Dieu at 20:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。