2007年11月03日

塾・予備校講師の事件簿

講師と英語指導してるのは楽しいですけど、この仕事をしている
人に共通(?)の悩みがあります...

といっても他の仕事も同じだと思いますが、講師は代わりが
基本的にはたてられないということです。前もって2〜3ヶ月前に

申請すればできるのかもしれませんが、基本的に講師自身も自分
が担当のクラスを代わりの講師に頼みたくはありません。

なので、講師最大の敵は「風邪」です。基本的にボクを含めて
講師の人はタフな人が多いので、普通の風邪ならなんでもなく
授業をやりますが、時にはグロッキ―な時もありますよね(笑)

ボクが受験生の頃に講師が授業中に倒れたという話がありましたし、
ボク自身が出ていた授業の先生がトイレに駆け込むなんて笑い話の
ようなものもありました。
何故、そんな人がいるかというと、もちろん授業を行いたい
という講師のモチベーションもありますが、代わりをなかなか
立てられないというのもあります。


なので、先生が鼻水をすすりながら授業やっていても、大目に
見てあげてくださいm(__)m

ボクは先日鼻水を垂らして講義してました↓↓これは職業病ですかね...

風邪にはきょうつけてくださいね♪♪♪
posted by Dieu at 13:24| 基礎的エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。