2007年10月03日

英文解釈のチェック

英文解釈の確認・仕上げについて質問をいただきました。
そういえば自分の生徒からも同様の質問を受けたので、
個人的な見解を示しておきます。


もちろん、受験生によって対応は様々なのですが、
一応、実際に教えている生徒をモデルにして見ます。

どういう生徒かというと、

英文解釈は授業でも受けていて、知識としては大丈夫、
ただ、難関私大が第一志望なので長めの長文ばっかり
読んでいて、最近あまり和訳をしていない。
だから、その結果として和訳問題に不安を感じてきた。

といった状況の生徒です。


はっきり言うと、単に気にしすぎの場合が多いです。

ためしに私大の文章の構文が複雑な部分を質問してみると
問題なく構文が取れているのです。

構文をまったくとれないという人は、英文解釈の初級・中級を
みてくれればいいのですが、特に構文は問題なく単に日本語を
書いていないから心配という人は、実際はなんの問題もない場
合がほとんどです。


なので、必要以上に心配になって濃い問題集を一冊仕上げる
なんていうのは少し時間が惜しい気がします。


とりあえず心配な人は、適度に下線訳のある国公立の過去問
とかを何題かやってみればいいかと思います。

それで問題がなければ新しく問題集を購入してまでやること
ないと思いますよ。塾・予備校にいっていて、自分の実力を
把握してくれている人がいる場合は相談してみるのがいいでしょう。


どうしても問題集をやりたいという方は、河合出版のコレ
なんかいいかもしれません。amazonだと何故か在庫切れなので
書店にいってみてください。普通においてあると思いますが…
新こだわって!国公立二次対策問題集英語 (2) (河合塾SERIES)


posted by Dieu at 00:28| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。