2007年08月30日

英語前置詞の処方箋

大学受験、これから秋にかけて熟語を学習する受験生
増えてくると思います。正直言うとボクは熟語学習は結構
いい加減だったんですか、それでも熟語問題で困らなかっ
たのは...


もしかしたら前置詞の知識の応用として熟語を捉えていた
からかもしれません。

たとえば、aboutの元々の意味が「〜の周辺」、「〜の周り」
というイメージで理解していれば、

be about to〜→〜することのまわり→〜しそうだ
みたいな感じで丸暗記しなくても対応できます。

たしかに覚える作業はある程度必要になるのですが、
理屈&イメージで覚えるので記憶の定着が全然違います。
興味ある人は試してみて下さい(*^^*)


今日の元ネタは以下の本です。実はボクも受験生の頃
お世話になってました♪♪♪有名なので知っている人もいるのでは!
ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉


posted by Dieu at 23:37| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。