2007年08月01日

センター現代文

現代文対策の中であまり触れなかったのがセンター試験現代文
です。これには少々事情があります。センター試験の特徴に関係
があります。センター試験の最大の特徴とは...



周知のことですが、解答を公の場に発表するということです。
このことが現代文の試験に与える影響はかなり大きいです。

現代文もしっかりと対策を立てて学習すれば、確実に合格点を
安定して取れるようになります。

ただ、過去問とかをみた受験生はご存知の通り、早稲田などの
現代文で出版社・予備校によって解答が食い違っているなんて
ことが稀にあります。

あきらかにどちらかの解答がおかしいこともありますが、
実際の解答の選択肢が本当に微妙なことも多々あります。

ちなみに受験生からすればそういう問題は落としても
さほど問題はありません。


私大の入試などは解答を公にしなくてもいいため、そのような
判断が非常に難解な選択肢をつくることが可能ですし、それく
らいの危険を冒してまで問題をむずかしめにしないと、試験の
意味がなさなくなってしまう可能性もあります。


それに対してセンター試験は解答は誰が見ても100%納得
がいかなくてはダメということになります。そのため、選択
肢の正解はとてもはっきりしていることがとても多いです。

しかも、その根拠が傍線部分を文法的に処理して客観的に考
えれば、わりと簡単に正解を導き出すことが可能です。


以上が大まかな理由ですが、このためにセンター試験の現代文
はノリが私大とは微妙にことなりますので注意してください。

とはいっても本質的な解答法はほとんど同じなのです。しかし、
一応対策を通じて慣れておく必要はあると思います。

なぜかと言うと、私大と同じノリで問題を作っていると、とても
簡単な試験になってしまうからです。

それを克服するためにセンター試験は以下の工夫をします。

1 評論文の課題文の難易度を高めにする
2 小説の出題
3 選択肢の文章を長めにして、難解にみせる


大まかに言うと以上のような工夫をすることで、受験生の差
がでるようになっています。課題文は早稲田ほどではありま
せんが舐めてかかると痛い目にあいますよ。



センター試験対策の本は結構でています。一冊はこなすように
して万全の対策をしてください。


おなじみの著者のセンター対策




小説対策に定評がある気がします、文法的にとくを実践
している一冊です。センター対策にはオススメ。
きめる!センター国語 (現代文) センター試験V BOOKS (4) 新課程

↑↑のシリーズの演習編
演習編きめる!センター国語 (現代文) (センター試験V BOOKS (4))
posted by Dieu at 19:11| その他の科目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。