2007年06月30日

英作文 上級

大学受験英作文上級です。東大京大早稲田
慶應上智東京外語大一橋大阪大東北大...

これらの上位大学では英作文の出来が合否に大きく
影響します。一歩先んじた受験生になれるようにが
んばりましょう♪♪♪
いよいよ英作文の上級ですが、中級が独学の
限界と言っていたように上級は第三者による
添削
が必須になります。


ここで受験生のみんなに注意して欲しいこと
がひとつあります。

といってもお願いの背景には講師としての仕事
を軽くしたいという裏があったりなかったりな
のですが...笑


何かというと添削を持ってくる場合英作文の
初級〜中級の実力を身に付けてからもってき
て欲しいということです。


こういうことを言うととても受験生には気の毒
なのですが、夏休み前などに「添削おねがいし
ま〜す」って持ってくる生徒の答案のほとんどが


添削をするレベルにまで全く到達していないという
ことがしばしばあります。


添削に到達していないというのはどういうレベルかと
言いますと、英文を全部あるいはほとんど講師の方で
書き換えなくてはいけない場合
です。

これでは添削の意味がほとんどありません↓↓


添削の価値はだいたい英文は書けているのだけど、

1動詞の選択がいまいち
2形容詞の使い方がまちがっている
3物質主語で書けばもっと簡単
4冠詞の使い方の訂正
5自由英作文の構成

などなど挙げていけば枚挙に暇がありませんが
そういうあと少しの部分のケアをすることにあ
ります。

つまり、そこそこの英文を書けることが前提になります。


自分が書いた英文におっきく×とされて講師の
示す模範解答を持ち帰るだけの添削なんて、

受験生も講師もお互いに不幸です。まずは英作文
の初級〜中級レベルで知識のinputを確実にして下さい。


添削をもってくる生徒は意欲があり、講師にしても
そういう生徒の存在はとてもありがたいのですが、


だからこそ思いっきし×××にしたくないのです。
どうかどうか、添削を持ってくる前に基礎力の確立
をお願い致します。



さて添削ですが方法はいくつかあります。


まずメジャーな方法かつ宅浪生が頼れるものは
Z会の添削でしょう。これは以前に紹介の記事を
書きました。→参考



次に現役生の場合、この場合は学校の先生にお願
いするというのが一番お金がかからない方法です。

仲のいい英語の先生がいる受験生は是非ご活用下さい。


塾・予備校を活用している場合は、基礎が固まったら
過去問などを添削してもらうことがとても効果的です。

大手の予備校などにいるネイティブの先生の授業を受講
しているなら是非ネイティブの先生と友達になりましょう。

ボクなんかよりはるかに添削うまいはずです...笑


あと上級ということになれば、基本的な鋳型だけでは対応
できない場面に多々遭遇するでしょう。


そういうのをいい加減に書いて添削に持っていくのはちょっと
という受験生は辞書の表現をできるだけ使うように心がけましょう。


辞書は英和辞典か英英辞典がオススメです。辞書のどこを見るかと
いうと、日本語の意味ではなく例文です。


できるだけ例文をパクリながら書くと上手な英文が書ける
ようになります。もちろんすべての単語でやるのは大変で
しょうから、問題を解いていて特に気になった単語だけを
辞書で引けばいいかと思います。


基本単語は丁寧に例文を引きながらチェックすることで
英語の総合力upにもつながります。


英作文は上級まできたら帰納的にアプローチしていく
ようになるかと思います。地道な作業ですがコツコツ
とゆっくりがんばってください。



posted by Dieu at 23:28| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。