2007年05月13日

英語長文 中級

大学受験対策!!英語長文中級です。早稲田慶應
難関大学合格に一歩近づく能力を育成しましょう。


英語の長文の中級の解説をします。

ここで一つ断っておきますが、長文の中級・上級の区別は
難易度の差というわけではありません。

長文読解能力として必要な力として

@本文の読解能力
A設問の解答能力

の2つの能力があるとボクは考えています。


この2つはどちらも別々に育成する能力ではなく、
問題集などを通じて並行して身に付けていくもの
なので実際は個別のものでもないのですが、

説明の便宜上、長文中級では読解能力・長文上級では
解答能力
を中心に扱っていく予定なのでご理解下さい。


なので、長文中級・長文上級ともにハイレベルな項目になり
ますので、必ず解釈の中級を終えてからやるようにして
下さい。
(解釈が不十分なままやると、和訳ばかりに目が
いって、肝心のマクロな読解力が身につきません。)



さて、それでは中級=読解能力の育成について何を行う
かと言うと、本文を論理的に読む習慣をつけるというこ
です。

そのとき必要なのが論理関係を表す表現を身に付ける
ことです。問題集・参考書によってはディスコースマ
ーカー
なんて呼ばれ方をしていたりします。

ちょこっと代表的なものを上げておきますと、

順接(and そして・こうして)

具体例(for example , for instance , like , such as ,etc)

添加(and , also , moreover , furthermore , in addition ,etc)

言換え(in other words , that is to say , namely , in short ,etc)

結論(in short , in brief , in conclusion , to conclude ,etc)

因果(because , as , since , for , as a result , therefore
  , so , thus , hence , consequently , as a consequence
  , accordingly , due to , thanks to , on account of ,
  owing to , as a result of , cause ,etc)

対比(in contrast , on the other hand , while , whereas)

逆説(but , however , yet , nevertheless , though , although , while , whereas ,
in spite of , despite , for all , on the contrary)


ぐらいでしょうか、現代文の学習ではお馴染みのものですよね。
これらを利用しながら、英文を論理的に読み解いていく方法を
身に付けて下さい。


また、代表的な英文のパターンを知ることも大切です。ここで
網羅的に扱うことは到底できない話なのですが、文章の書き方
として一般論→具体的説明主張→論証などメジャーなものが
ありますので、こういう文章の流れも身に付けておきましょう。


最近では市販の本からもそのような知識が獲得できてその辺りは
受験生にはとてもありがたいですよね。


文章を読む時に論理的にマクロな視点で読み解いていく、理屈は
わかったかと思いますのでいくつか参考になりそうな本をあげて
おきます。この手のものは結構巷に溢れていますので、各自使い
やすそうなものを本屋で探してみましょう。

ポイントとしては問題数があまり多くなく、解説が詳しいものが
いいでしょう。




扱っている問題はなんと1題のみ、その代わり解釈能力を
つけてから取り組めば、得るものは少なくないはずです、
最近ブックオフで結構見かけます笑(07年5月現在)
解答を導く出す時のリーズニングという方法は一見の価値アリ
本当にやりたかった英語長文読解


河合出版からでてるシリーズものです。本屋さんで実際に
自分で確認して選ぶことをオススメします。内容的には上級で
扱う解き方までの内容を網羅しています。
英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編 河合塾SERIES
パラグラフリーディングのストラテジー (2)
パラグラフリーディングのストラテジー (3)


正攻法の読解力を育成。中級で紹介していますがレベルは
超ハイレベルです。英文を正面から読み込んでいく、頭をフル
活用して本文と格闘してください。じっくり取り組んで欲
しい一冊です。英語が得意な受験生向き♪
入試英文精読の極意―読み込むための10の軸(AXIS)




posted by Dieu at 00:13| 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。