2007年03月19日

<NOVA>敗訴確定

英会話学校の大手のNOVAが、授業料の返還をめぐって
訴えられていましたが...
結果は敗訴確定だそうです、以前からマスコミで騒いでいたので
個人的に気になるニュースでした。

記事では以下のようになっていました。


 英会話学校大手「NOVA」(統括本部・大阪市)に入学後、途中解約した男性が「前払いした受講料の残額を返さないのは違法」として返還を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は上告審判決を4月3日に言い渡すことを決め、関係者に通知した。弁論が開かれていないことから、請求通りNOVA側に約31万円の返還を命じた1、2審判決が確定する見通し。NOVAの解約を巡っては複数の訴訟が起こされているが、最高裁判決は初めて。同種訴訟に影響を与えそうだ。
 1、2審判決によると、男性は01年9月に600回のレッスンを受講出来る「ポイント」を75万6000円(1回分1260円)で購入するなどして入学。386回のレッスンを受講後、04年7月に解約した。NOVA側は、途中解約すると使用済みポイントの単価が上がって結果的に返還額が下がる約款に基づき、返還額はないと主張したが、1、2審は「約款は特定商取引法に反して無効。購入時単価によって計算すべきだ」と判断した。
 国民生活センターによると、NOVAの契約や解約を巡っては、96年から今年2月半ばまで7000件超の苦情や問い合わせが寄せられている。経済産業省や東京都も同法違反の疑いなどで今年2月に立ち入り検査を行った。【木戸哲】


以上ヤフーニュースより引用。


お金の返還をめぐる問題は、様々な分野でとりあげられますが、
受験生にとっては不利なことも少なくありません。

塾・予備校の料金はたいていの場合、
「いかなる理由があっても返金できません」
のような説明がかいてありませんか??

あとは、大学の入学金なども、入学辞退しても返金が
認められないのではないのでしょうか。
(いまは少し変わっているかもしれませんが...)

それにしても、NOVAとしては大きな損害ですね、
あと英会話学校などが今後どうなっていくのか。
少し注目してみたい点であります。



・・・あとがき・・・

科目別学習法、早く更新できるようにがんばります。
とりあえず今週中に英文法は仕上げたいとは思って
いるのですが。
少し最近忙しくて...なかなか更新できなくて申し
わけありません↓↓
早く仕上がるようにがんばります。


posted by Dieu at 23:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。