2007年03月09日

塗り絵ちゃん発見

先ほどブックオフで古本を立ち読みしてたら、いました!「塗り絵ちゃん」!
参考書コーナーに必ずいるのがコイツです。


オイオイ、なんだその悪いネーミングセンスはぁ〜!っなんて突っ込まないで下さい↓↓
でも参考書の古本に必ずいるからついつい命名しちゃったんです。


なにかと言うと、参考書に蛍光ペンでやたらにマークしてあるやつです。

元の持ち主にとって参考書に線を引く=勉強だったのでしょうか。

もちろん自分にとって重要な部分にはボクもチェックいれます。
ただ、この塗り絵ちゃんはマーカーの量がハンパないのです!
嫌ホントにマークした所の方が他の部分より量多いくらい。


こんなやり方ぢゃ絶対挫折するだろ〜なぁっとページをめくると、
2、3ページしたら元々太字の部分だけにマークが!!
雲行が怪しくなった所で、次のページからは新品無使用。
無事ブックオフに買い取ってもらえたのでしょうね(笑)


人事だと思っているかた、これはしばしば起こり得る現象です。
集中力が切れたとき、文字だけ追って太字にマークするだけの
経験ありませんでしたか?

あたり前のことですが、参考書の使用の際は手と共に頭をフル回転
させることを、改めて認識してくださいm(__)m

絶対に「塗り絵ちゃん」にならないようにきょうつけて下さいね☆☆☆


posted by Dieu at 14:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。