2007年02月27日

東京大学前記日程

東大の前期の試験問題が公表されました、ネット上で
ちらっと英語の試験問題を眺めてみましたが...
人気blogランキングへひとことで言えばきっついなぁ〜という印象でした。

何がきついかというと、問題もそうなのですが、
時間がたりないだろうなぁ〜っという印象です。

これは東大に限らず、発信型のたとえば自由作文などを
課している大学のすべてにいえるのですが、実際に書き
始める時にじっくり考える時間が欲しいですよね。
また、自由作文は推敲をいくらやっても実際はやりたり
ないものです。

こうした作業を迅速に行わなくてはいけない受験生は
本当に大変だと思います。

普通は割りと考える時間があるのですが、東大の場合は
他の問題にかかる時間が多いため、意外に作文に時間が
さけないのではないかと予想されます。


まだ実際に問題を解いていないのでなんともいえませんが、
とにかくきつそうだなぁ〜っと思いました。


蛇足なのですが時間は厳しく感じる裏には、問題がよく
練られているという事実があります。
いたずらに難しいわけではなく、頭をしっかり使わせる
問題という感じです。

そんなわけですので、英語のトレーニングに東京大学の
問題をやるのは以外にお勧めですよ。
東大を受験しない方、英語力アップのために東京大学の
問題に挑戦していかがでしょうか。


一題目は詩(poem)に関する文章ですね、こういう文章は
いがいに苦労する受験生も多いかと思います

ありがとうございます。ランキング順位アップにご協力をm(__)m
人気blogランキングへ


posted by Dieu at 23:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。