2007年02月08日

慶応大学文学部その2

慶應文学部の英語対策です。一般的な勉強法を
示しておきます。
人気blogランキングへまず大学の対策を始める以前にしっかりとした基礎力を
身につける必要があるのは言うまでもありません。

文法・構文を学習した上で長文問題に取り組んで下さい。
そのときに和訳だけではなく、本文全体の構成を意識する
ように心がけてください。

次いで、要約の方法を身につけましょう。要約というと
なんでもかんでも本文の内容を書き込んでしまいがちな
受験生が多いのですが、むしろ本文から余分な部分を削
ぐような気持ちで取り組んで下さい。

特に、文学部の問題は東大前期の要旨要約問題よりはるかに
多い分量を120字前後でまとめる作業を要求します。
いかにポイントだけを丁寧に拾って、無駄な部分を削る能力
問われているかがわかるかと思います。

以前の記事にも書きましたが、出題される英文のレベルがとても
高いので、受験生は設問を解くのに必要な箇所だけを辞書を使って
丁寧に読み進めて下さい。

いくら120分とは言え、設問に関係のない細かい部分の単語まで
辞書で調べていたら時間が足りなくなってしまいます。

要約の練習をしていれば、本文のどこに重要な部分があるか
わかるようになるので、その時の成果を生かしつつ辞書を使って
下さい。
他大学の問題文を積極的に要約するのもいいかもしれません。

他に辞書を使うポイントは、英文の出典のタイトル
(設問の上に毎年明記されています。)
あとは下線部訳です。ただし下線部で辞書が使えるからと
言っても、そのまま日本語に置き換えては理解に苦しい単語は
文脈を利用して適宜訳語を決定してください。


過去問についてですが、形式が長年変わっていないので
年度に関わりなく手に入るものはできる限りやりましょう。

それ以外では要約を中心とした問題集や国公立大学の過去問、
余裕があれば東京大学の後期の問題などもいいでしょう。

さすがに一筋縄にはいかない本格的で重厚な問題なので、
志望する生徒は高い知的忍耐力を身に着けて対策して下さい。

(慶應文学部その3を見る)←期間限定です。


いつもありがとうございます。是非ワンクリックをお願いいたします。
人気blogランキングへ


posted by Dieu at 23:10| Comment(2) | 大学・学部別傾向と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも読ませていただいてます。
私は慶應文学部を受けるんですが、辞書は新品のものを買ったほうがいいのでしょうか?
すでに持ってる辞書にはでかでかと名前が書いてあり、中にも書き込みがあるかもしれませんので・・・どうなんでしょうか。
Posted by awa at 2007年02月09日 01:29
基本的には普段使っているのが慣れていていいかと思いますが、初級用の辞書だと時々意味が少なかったするので代えたほうがいいかもしれません。
過去問を解いた感じで、明らかに辞書のレベルが低いと思ったら購入したほうがいいでしょう。ボクはジーニアスの和英辞典だけ買いました。
文章が難解なだけに、初級の辞書は持っていかないほうがいいかと思います。
あとはお財布と相談ですね、もう少しです頑張って下さい☆☆☆
Posted by dieu at 2007年02月09日 03:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。