2007年02月04日

いじめと自殺について

「いじめ自殺!」、ニュースをみれば毎日のように耳にします。
ただ、この問題で失われた命について少し考えごとをしてみました。
人気blogランキングへ

いじめは昔から存在しました。ただ社会が認知できなかっただけです。

最近、ボク達がこの問題を知るようになったのは、被害にあった生徒の
自殺を通してなのです。自殺の事実を通してその原因のいじめについて
はじめてスポットライトが浴びせられたのです。

こんな報道を毎日みていると、いじめを知らせるには誰かの死が必要なの
ではと錯覚してしまうほどです。

疲れはてた子の中には、自分が死ぬことでいじめを訴えることができる
と思った生徒も、もしかしたらではありますがいたかもしれません。

ただ、ボクたちは十分にいじめの存在を認知しました。だからもうこれ以上
若い命は必要ではないはずです。

メディアは相変わらず、「いじめ」の側から報道をしていますが、それと平行
して「自殺はするな!」という強力なメッセージをもっと発信しなくては
いけません。


辛くて生きていても意味がないと思ってしまっても生きて下さい。
生きる意味なんて誰にもわかりません。もしかしたらそれを一生追い求める
ことが生きることかもしれません。とにかく、死ではなく生を選びとって下さい。

人気blogランキングへ


posted by Dieu at 03:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。