2007年02月03日

早稲田 政治経済学部

早稲田大学の政経といえば最難関で憧れている受験生も多いかと思います。
その政治経済学部の英語について考察してみましょう。
人気blogランキングへ

まずは形式的な面から...

試験時間は90分で長文4題(会話対の文章を一つ含む)の出題で
分量的には妥当なもので、時間的に厳しいということは基本的には
なさそうです。

配点は230点満点中90点で他の科目よりやや高めになっています。

難易度は標準的な問題で決して難しいという印象はありません、
バランスが良く個人的には受験生の実力を測るのには丁度いい
レベルかと思われます。(5〜6年くらい前は易しすぎましたが...)

ただし、受験生のレベルは極めて高いことが予想されます、
合格ラインも7割くらいと高めなので、標準問題を確実に
得点する実力と注意力が必要となります。

普段の勉強から取りこぼしのないように、
丁寧に解答する癖を身につけて置いてください。



さて、内容面ですが、長文が4題の出題で問題の形式は

@空所補充を中心とした標準的な総合問題
A内容真偽を中心とした出題
B文の補充 問題文が抽象的な内容であることが多い
C会話体の文章 簡単な自由作文を含む
となっており、とりわけ特徴的な出題をしているわけではありません。

ただ、多くの問題で文脈力を測る出題が頻繁にみられます。
特に空所補充はどれだけ論理的に文脈を理解できるか
いうことが最大のポイントになるので意識してください。

butやandなどの基本的でありながら論理の基礎になる単語は
しっかりとおさえておきましょう。


さて、標準的な出題といいましたが、さすがは早稲田政経という
ことで毎年しっかり難問も出題しています。

特徴的なものが2つありますので、ここで言及しておきましょう。

まず一つ目が整序作文です、過去問をやった方はわかると思いますが
これが意外に手こずるはずです。なぜ難しいか。理由は2つあります。

@普通の整序作文と違って長い文章の一部分が問題として提示される。
A9個の中から7個選ぶなど、文脈を捉えそこなったり熟語を見落とし
 たりするとと選択する単語の選択そのものを間違えてしまう。

この2つの点がこの問題を難問にしています。
対策としては整序作文で指定されている箇所の文全体を一度
書き出してみることです。それから文法的なつながりを考えて
慎重に解答しましょう。

この整序作文ですが、一度悩み始めるとそのまま10分〜15分
あっという間につかまってしまいます。

だから、整序作文は一番最後に解くくらいの姿勢で
試験に臨んでください。ここで時間を費やしすぎると時間が
足りなくなる恐れがあるので要注意です。


もう一つの難問が長文の3題目の文補充問題です。
なにが難しいのかというと、文章の内容そのものが抽象的で
慣れていないと面をくらってしまうかもしてません。

その代わり、文章が論文のスタイルにあったしっかりとした論理構成
を持っているので、そのことを意識して読めば逆に読みやすいかもしれません。

早稲田志望者であれば現代文の文章が難しいので、英文の内容が多少
難しくても怯むことないかと思いますが、やはり英語で堅い文章を読
むのには慣れが必要かと思いますのでしっかり対策を立てておいて下
さい。
(過去問以外で難しい文章に触れておきましょう。京都大学や慶應の文学部
は出題形式は全く違いますが、難しい文章を毎年出題します。)


最後に対策ですが、受験テクニックなどに走らずに、なによりもまず
実力をしっかりつけることが必要です。

英単語は単語帳をしっかり仕上げておけば大丈夫かと思います。

英文法ですが、長文しかでないからやらなくてもいいだろうと
誤解する人がとても多いのですが、この学部に合格するにはしっかり
文法もやる必要があります。

簡単ではありますが自由作文も出題されますし、
先に紹介した整序作文は高度な文法力が試されます。
(関係詞・比較etc多彩な文法力が必要です。)

また英文そのものが難しい第3問ですが、文補充のポイント
のひとつが指示語などの文法的なチェックです。

単独で文法問題が出題されないからといって、なおざりにせず
しっかりと文法力を身についておいてください。


最後に過去問ですが、政経の過去問を解くことはもちろんですが、
文学部や教育学部が意外に練習になるかもしれません。
他学部志望の受験生から過去問をコピーしてもらうのもいいかも
しれませんね。


早稲田の政治経済学部への合格祈願!!
是非Aランキングクリックお願いいたしますm(__)m
人気blogランキングへ








posted by Dieu at 23:07| Comment(0) | 大学・学部別傾向と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。