2007年01月19日

センターでの緊張克服

いよいよセンター試験ですね。リラックスの必要をわかっていても、どうしても
試験本番に緊張してしまうかた、もしかしたらこんな発想の転換が役に立つ
かもしれません。人気blogランキングへ
ボクもそうだったのですが、試験本番はつい力んでしまいますよね。
そういう人は受験当日に「実力を120%だしきらなくては!」という発想に
捕われすぎている嫌いがあります。

もちろん、実力を出しきる必要はありますが、実力以上にがんばりすぎる
ことは、余計なプレッシャーになってしまいがちです。

実際のところ試験当日に実力がグーンと伸びることは基本的にはないはずです。
受験期の本質は試験当日ではなくて、それまでのプロセスの全体にあるはずです。

では試験とは何なのでしょうか?

試験はそれまでの皆さんの努力・プロセスを、ありのままに表現する場なのです。

「ありのまま」なのですから必要以上に力まずに、今までのプロセスを試験問題
を通じてそっと発表するだけの場なのです。

その時どうして力む必要があるでしょうか?

試験は静かな発表会です、熱くなりすぎることなく今までの自分の努力を
ホクホクと感じながら、丁寧に解答して下さい。

そういう紳士な姿勢は解答を通じて大学側に、そっとではありますが確実に伝わりますので。

これまでの努力をそっと発表するつもりで、密度の濃い2日間を楽しむように堪能してきて下さい。

応援しています。 


posted by Dieu at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。