2007年01月13日

英語概説・最初に

英語の受験勉強に関して、まず知っていて欲しいことは、
決して楽ではないということです。
もちろん効率のいい、比較的労力の少ない方法は紹介していきますが、
だからと言って、楽々というわけにはいきません。なぜかというと...
人気blogランキングへ


@外国語という異質な言語体系を学ぶ困難
Aそれを試す文法問題の存在
B国語力も同時に試す、長文問題の存在...etc

受験英語って以外に盛りだくさんな試験なんです。

大変なだけかぁ〜なんて、嘆かないで下さい。
労力が多いからこそ、高い配点が与えられますし、
努力さえすれば、本番で結果を出しやすい科目でもあります。

大学受験で英語を得意科目にすることは、大きなアドヴァンテージに
なりますので。どうか英語を得意科目に!!を念頭において
受験勉強を始めましょう。みんな得意になるポテンシャルは持ってますので。


さて、そうやって開始する英語の勉強ですが、
注意しておくべきことが一つだけあります。

何かというと、

結果が出るまでに非常に時間がかかる

といことです。

最初にあげた@〜Bでもわかることですが、英語の試験は
盛りだくさんのデパートのようなもので総合力が試されます。
つまり文法や単語だけやったとしても、試験で偏差値がいきなり
上がるなどと言うことはあまりあり得ません。

よく言われることは、英語の成績は2次関数のような
上がりかたをするというものです。

これは何気に的を得た例えで、本格的に勉強を始めても、
Bヶ月くらいはほとんど変化はありません。
ただ、しっかりやっていれば、そのあとものすごく順調に
成績があがりはじめます。

受験生の中には、4月からはじめて2〜3ヶ月くらい結果が
でない。その時点で英語の勉強を嫌いになってしまう人が意外に
多いです。

そこで、諦めないで、継続して勉強できるかどうか。
それが英語を得意科目にできるかどうかという結果
につながるかと思います。

勉強をはじめて1〜2ヶ月くらいの、なんの実感もない時期
が一番注意すべき時期です。

どうか皆さんはくじけたりしないで、継続して
勉強を続けてください。



話が長くなりました。
今日伝えたかったことは要するに、

@英語の勉強はやることは多いが、試験の配点が高いこと
A結果がでるまでに時間がかかること

という2つです。この@とAから、
どの科目よりもまず英語の勉強を開始する必要があること
が推測できますね。


継続は力なりなんていう、むか〜しの言葉が
ぴったりマッチしてしまうのが英語学習です。
毎日コツコツがんばってくださいね(*^^*)


ありがとうございます、合格へのワンクリックをm(__)m
人気blogランキングへ


posted by Dieu at 01:08| ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。