2006年12月23日

センター試験

今年行われたセンター試験の第三問です。
基礎的な確認も含めて、きっちり根拠をもって解答する癖
を身につけてください。

Images of elephants are symbols of good fortune in both india and Mexico,but there are some interesting differences. In India the position of the trunk is not usually important. Carvings of elephants may have their trunks pointing upwards or downwards. ( A ),if you give a Mexican family a carving of an elephant,the trunk should be pointing upwards. It is thought that elephants whis their trunks pointing upwards will keep luck within the house.( B ),three elephants placed to face the front door of a Mexican home are supposed to bring the greatest luck and,therefore,keep a familly safe and happy.

Aに当てはまる語句は? Bに当てはまる語句は?
1 For his reason     1In addition
2 As a result      2In other words
3 Furthermore      3In that case
4 In contrast      4Instead of that

はい、センターはもう皆さん解きましたか?
問題はパソコンだと見にくいかも知れないので、
代ゼミなどのホームページから問題を印刷するのがいいかも
しれません。問題がある場合は、それを手元に用意して、
もう一度解いてから続きをみてくださいね。
人気blogランキングへ<解答・解説>
便宜上、一文ずつ分けてみます。

@Images of elephants are symbols of good fortune in both india and Mexico,but there are some interesting differences.
A In India the position of the trunk is not usually important.
BCarvings of elephants may have their trunks pointing upwards or downwards.
C( A ),if you give a Mexican family a carving of an elephant,the trunk should be pointing upwards.
DIt is thought that elephants whis their trunks pointing upwards will keep luck within the house.
E( B ),three elephants placed to face the front door of a Mexican home are supposed to bring the greatest luck and,therefore,keep a familly safe and happy.

空所に入る語を、前後の文脈から決める問題です。
実は、この手の問題をセンターではすばやく解答する
必要があるのですが、ただ単にすばやく読むのではなく
ゆっくりでいいので、丁寧に読んだ方が結果的に早く
解答できます。

細かい訳を頭でするのではなく、文の流れ・役割に
注目してみましょう。
実際にみていきましょうね。

@文、ここではエレファントの像(彫像)がインドとメキシコ
では幸運の象徴だといっています。
そのような導入に導かれてbutがあります。
みなさんもbutのあとは重要などと良く耳に
するのではないでしょうか?

ただ、その法則をしっているだけでは何もなりません。
この重要な記号butを使いこなしてみましょう。
butの後の訳は
<しかし、ある興味深い違いが存在する。>ですね。
さて、この文をよ〜くみてみましょう。


いいですか、@の文を整理してみます。
象の彫像に関して、インド、メキシコという2つ
を引き合いに出し、その2つの間に興味深い差異
があると筆者は論じていますね。
すると、この筆者は続く部分ではその違いを
説明する義務があります。


AとBに興味深い違いがあると言ったあとで、
その違いを説明するために、「Aは〜」、「Bは〜」
と二つを対比させて論を展開するのは
文章を書く時の常套手段ですね。
実は、このセンターテストもそれを見抜く力が試されています。

だから、皆さんもこの第一文を読んだ段階で
もしかしたらこの後はインド・メキシコを
比較・対比するんじゃないかなぁと予想して
読むことが可能です。
読解を受動的→能動的へと転換してくださいね。

そんなことを予想しながらA文をよみます。
A In India the position of the trunk is not usually important.
予想通りですね、インドの話をしています。

続けて第三文。
BCarvings of elephants may have their trunks pointing upwards or downwards.
この文はAの言い換えですね。

trunkの意味がわからなくても全然気にしなくて大丈夫です。
A文ではtrunkの位置は重要ではないといって、
B文では、だからtrunkは上をむいていたり下を向いて
すると言っています。
(ここで、trunkの意味を鼻と類推できるかもしれませんね
もちろん、できなくても大丈夫です。)

さてAとBでは予想通り、対比する対象の一つの
インドの話でした。さらに、インドの話をする
に当たって、positionという見地から述べています。
センターを解答するのはここまで読み込む必要はない
かもしれませんが、少し触れておきたい事があります。

AとBに違いがあると言った後に、
@Aはtrunkの位置は重要じゃない
ABは(            )
となったとき、カッコの中は想像できませんか。

二つが対比されているという前提で考えれば、
Bは(trunkの位置が重要だ)になるのを類推する
のは決して難しくはないはずです。


問題にもどりましょう、C文です。
C( A ),if you give a Mexican family a carving of an elephant,the trunk should be pointing upwards.

はい、ここまでの予想通り、対比の対象である
メキシコが登場してくれました。
もちろん、メキシコがインドとは違って〜だ
という文脈になるはずなので、Aの解答はCin contrast
になります。

内容的にも、メキシコではtrunkの向きは上の方が好まれている
ようですね。(インドはどちらでもいいのでした。)


さて残りはDとEですね。
DIt is thought that elephants whis their trunks pointing upwards will keep luck within the house.
E( B ),three elephants placed to face the front door of a Mexican home are supposed to bring the greatest luck and,therefore,keep a familly safe and happy.

二つの文を簡単に内容を整理します。
D→鼻が上向きの象はgood!
E→玄関に三匹の象が向いているとgood!
となっていますね。
さて、それをつなぐBにはなにが入るでしょうか?

どちらも、象がgood!という内容なので、
対立や条件を表す語句は正解にはなりません。
なので、解答の候補はIn additionかIn other wards
に絞る事ができます。

ただし、In other wardsは<言い換えれば>という意味で
前文の言い換えになりますが、新しい事柄を述べる時には
つかえません。In additionは<付け加えると>くらいの意味
で、前文の流れは生かしつつも、新しい内容を付け加えます。

これを考慮に入れて、DとEをみてみます。
どちらも象=goodの図式ですが、
Dは鼻の向きなのに対して、
Eは玄関にいる三匹の象ということで
内容的には新しい情報が含まれています。
なので、解答はIn additionになります。


あとがき

どうでしょうか?
実際に文にすると大変そうですが
なれればあっという間にできるようになります。

ゆっくりでいいので、文脈を意識しながら読んで、
何回も読み返さずに解答をだせば、結果的には一番
早く解答をだすことができます。
differenceという語に注目できれば楽ですよね♪

ウラ技的ですが、
difference,India,Mexicoという言葉を見ただけで、
Aの解答はIn contrastかなと予想して、答え合わせの
つもりで本文をよむなんて必殺技もあります。

そこまでするのは大変かもしれませんが、
解説したように流れを予想して読むことは
非常に重要ですので身につけてください。
センターではそこまでパワフルな感じがしないかも
しれませんが、その後の私大・国公立受験では力強い
効果を発揮してくれるはずです。


実は個人的に、センターの第三問目はキモだと
思っています。論説文からの出題で最もアタマ
を使うのではないでしょうか?
ここで冷静さを失わずに解答できるように、
受験生の皆さんきょうつけてくださいね。



お疲れ様です、クリックのご協力をお願いしますm(__)m
人気blogランキングへ



posted by Dieu at 07:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 英語長文の秘伝書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも為になる情報をありがとうございます
Posted by 裕貴 at 2006年12月24日 02:49
dieu→裕貴サン
コメントありがとうございますm(__)m
冬休みに入ったので、現役生はここで飛躍できるよにがんばって下さいね☆
Posted by dieu at 2006年12月24日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30020800

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。