2006年12月18日

早稲田・慶應

どうもです。早慶って呼び名はよく聞きますよね?
この2つの大学はレベルも同じくらいで、受験生の
なかにもどちらかに行ければ...みたいな思いを持っ
ているかたも多いはずです。
ボクも個人的に、どうせ受験するなら両方とも受験
して欲しいと思っています。
ところが、この2つの大学は相違点も多いですね、
まずはその確認から始めましょう。
人気blogランキングへ今日は細かい学部別の比較ではなく、概説といった形で紹介します。

まず、レベルに関してですが、学部ごとに細かい違いはありますが、
どちらの大学もほぼ同レベルと思っていただいて結構です。
受験生の学力の違いに両大学で大きな差はありません、
ただし、早稲田に受かって慶應に落ちる、あるいはその逆の
ケースですが、理由は以下のものが主な理由です。

@受験生の学力が合格ギリギリのケース。
 →この場合はうまく調子ができた方に合格できたということ
  がありえそうです。

A得意科目、その大学の配点・科目との相性
 →まず、志望学部の配点などを調べてみましょう。
  あとで説明しますが、慶應は英語が苦手だとほぼ
  不合格になりそうです。

B対策をきちんとしたかどうか
 →これは慶應が特にあてはまりますが、
  学部ごとに特殊な出題が多いですよね。
  (SFCの超長文、経済の本格的な自由英作etc)
  あと、慶應は小論文が出題されるので、そち
  らの対策もきちんとしなくてはなりません。
 http://juken-dieu.seesaa.net/article/27321788.html#more
 (小論文で一般教養を身につける方法の記事です)


慶應の方が少し準備が大変そうですよね、ただ
受験生のレベルは同じくらいなので結局、合格
のための労力は同じくらいなのではないでしょうか。

逆に、しっかり準備すれば本番自身をもって受験できる
ので、がんばった受験生を裏切らないと思います。
(この点に関しては早稲田もおなじですね...)
国公立大学の志望者は記述慣れしているので併願しやすい
のではないでしょうか。


両大学の差異の最大公約数的なものを3てんあげておきます。

@まずは、慶應が早稲田に比べると英語に比重をおいてるということ。
 慶應は創立者が福沢ですし、やはり外国語に対する意識
 が高いのでしょう。その証拠に、両方の過去問をとけば
 、慶應の英語の方が難しく感じるはずです。
 じっさいに難しいのですが、全部できなくてはいけない
 わけではないので、受験生は必要以上にビビらないこと。
 では早稲田の英語は簡単なのかといわれれば、決して
 そんなことはありません。確かにパッとみた感じだと、
 早稲田の方が取組みやすそうですが、正確に解答を出
 すのに手こずったりします。

 結果的に、他の受験生を上回って合格点をとるのは、
 どちらの大学も容易ではないのですが、
 慶應のほうが比較的配点が高いので
 英語の重要度も高くなります。
 慶應受験生は英語をまず得意科目にしてみましょう。

A国語という試験科目の有無
 一般入試に限定してのことなのですが、周知の通り
 早稲田には国語があり慶應にはありません。
 さらに、早稲田の現代文は難しいので有名ですね、
 予備校には早大現代文なんて講座が大抵別枠で用意
 されています。(現代文対策も時期に扱います。)

 ただ、慶應でも現代文的な要素は英語た小論文で
 問う事ができます。なので、ここで一番重要なのは
 古典の有無なのではないでしょうか??
 実際に古典が得意だと早稲田合格に有利に働きます。
 詳しくは他の記事に書いたので読んでみてください。
http://juken-dieu.seesaa.net/article/27798491.html#more

B小論文の有無
 慶應は私大が客観的な出題を中心にしているのに対し、
 記述量が割りと多いですね。その最たるものが小論文
 です。一人で学習する事が大変な科目ですが、第一志望
 であるなら、講習会や模試などを利用して添削の機会を
 できるだけ増やしていきましょう。
 Z会の利用も効果的ですよ。
不合格からリベンジ。それが『不合格体験記』。今ならもれなくpresent!


合格する事が決して容易ではない両大学ですが、
やはり受験生の視点から見れば魅力的なのでは
ないでしょうか??

少子化が進み、ボケーっとしていても大学生になれる
このご時世ですが。このような時代に敢えて困難を
選び取り、目標に向かって努力することは若い皆さん
にとって貴重な経験になるとボクは信じています。

どうか諦めずに、目標達成をめざしてがんばってください。


いつもありがとうございます、読んでくれた方、
クリックをお願いいたしますm(__)m
 人気blogランキングへ
 


posted by Dieu at 23:44| 大学・学部別傾向と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。