2006年11月30日

細切れの時間の使い方

今日も昨日紹介したに関する本からの
内容紹介です。勉強と時間には密接な関係がありました。
人気blogランキングへ
ボクが読んで、受験に使えそうな部分を紹介します。

まずは、細切れの時間の使い方です。
授業の空き時間だったり、夕食の時間だったり、
もしかしたらトイレの時間もこれに当たるかもしれません。

本の中では1分・10分・30分の法則なんて紹介していましたが、
要するに、それぞれの空き時間に丁度いい勉強をしようということです。
実は、ボクも似たような事やっていて役にたったので紹介しますね。

先の法則の1分の部分なのですが、これは1〜5分の空き時間があった時
のことを想像してください。
この時間は単純な記憶をするのに適した時間です。
ボクは社会の一問一答や、英語の熟語などを覚えるように心がけてました。

授業の休み時間の一部や、チャイムが鳴ってから先生がくるまでの間、
ホームで電車を待っている時間etc、以外のこういう時間で差がつきます。


次に10分の部分ですね、実際は10〜15分くらいの空き時間のことです、
この時間はある程度流れのある記憶をするのに適しています。
具体的には、一度読んだ英語の長文の復習、フランス革命・30年戦争などの
流れを押さえる事が必要な暗記などです。
センターなどの10問程度の英文法の復習にも便利ですね。
ある程度まとまった復習ができる貴重な時間なので有効利用しましょう。
電車で座れた時etc、いろいろな場面で発生する空き時間ですよ。

最後に30分くらいの本格的に勉強するには中途半端な時間が空いたとき、
この場合も、ひとそれぞれだと思いますが、僕の場合は英語の長文1題か
現代文を1題やっていました。
本当のテストのつもりでやります。それから用事を済ませた後に
答えあわせをして復習していました。

30分の空き時間はともかくとして、10分前後の空き時間は
一日、普通に生活していたらいくらでもあるかと思います。
そういう時間に暗記を中心に細かい学習をしておくことは、
ボクの経験からいって本当にオススメです。
時間が貴重なこれからの時期、ぜひ活用してみてくださいね(*^▽^)b

ありがとうございます。クリックお願いいたします。
人気blogランキングへ
posted by Dieu at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然の書き込み失礼します。

私、<英語学習ネイティブスピーカーへの英会話>という英語学習に関するウェブサイトを運営するTommyと申します。

このたび当サイトでは、英語学習に関するリンク集を再編し、それに伴い貴方のサイトが英語に関する非常に興味深いサイトであったため、当サイト英語学習のリンク集のページ、

http://english-speakers.com/eelink14.htm

からリンクを貼らせていただきましたのでお知らせいたします。紹介文等不都合がありましたらこのメールに返信いただければすぐに修正または削除させていただきます。



また、まことに恐縮ではありますが、そちらからの相互リンクをお願いできないでしょうか?お互いのサイトの今後の繁栄を願って、相互リンクによるパートナーシップをいっそう強化していきたい思いであります。

お時間が許す限りでかまいません。もしご了承いただけるのであれば、参考までに下記に当サイトの情報を載せておきます。



タイトル:英語学習ネイティブスピーカへの英会話

URL:http://english-speakers.com/

紹介文:ネイティブレベルを目指し本気で英語学習する人のために、米国在住、多言語習得中!言語学習マニアの管理人があらゆるノウハウを伝授!



紹介文の有無・省略や編集はそちらで自由に調整してもらってかまいません。

それでは本当に時間の許す限りでかまいませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

突然の書き込み失礼いたしました。
Posted by Tommy at 2006年11月30日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。