2006年11月26日

大学受験、自動詞・他動詞

今日は語法問題でもっとも出題される
自動詞・他動詞について説明します。
この2つの違いってしっていますか...
人気blogランキングへ自動詞と他動詞の違いは、一言でいうと、
動詞と目的語を直接つなげるかどうかという違いです。
具体的に言えば、動詞+(  )+名詞となったとき、
この(  )の中に前置詞をいれるかどうかという違いです。

自動詞の時は前置詞必要です、
逆に、他動詞のときは前置詞不要です。

他動詞でもっとも出題されるのがdiscuss(〜について論ずる)です。
これは他動詞なので前置詞が不要ですね。だから、例えば

We have to (   ) the matter.
1 discuss 2 discuss about 3 discuss on 4 discuss in

で(  )の中を1〜4で正しいのはどれですか??なんて出題されたら、
前置詞がないものが正解なので答えは1ですね。

では、次はどうでしょうか

He wants to (   ) her.
1 marry with 2 marry 3 marry on

これも日本語につられて1を選びがちですが、
marryは他動詞なので正解は2番になります。

いいですか、他動詞で間違えやすい物をあげとくので覚えましょう。

follow after
approach to
resemble with
mention about
obey to
join to

これらは意味のつられて勝手に前置詞をおいてしまいがちなので、
きょうつけてくださいね。

今日のことから分かることですが、動詞を覚える時それが
自動詞か他動詞か注意してみてください。
さらに動詞が自動詞は他動詞とは逆に、
前置詞が必要になります

今日は他動詞だけ扱いましたが、自動詞を覚える時は、
ペアーになる前置詞にも気を払ってみてくださいね。
少し気にするだけで、効率の良い学習ができると思います。
(graduate fromやreply toなど)
人気blogランキングへ ←クリックお願いします(*^▽^)b



posted by Dieu at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。