2012年07月15日

喫茶店での勉強はNG?


東大京大早稲田慶應などの難関大学を目指すみなさんは
暑さなんかに負けないのかもしれませんが、昨日あたりから
急に夏の暑さが勢いを増したように感じます。

僕が受験勉強をしていたころは、家にいても暑いしテレビあるしで
グダグダしてしまうので、地元の喫茶店によくいっていたのですが
昨今の受験生はそれが微妙に難しく...

なっているようですね。


特に、最近は色々な場所に塾・予備校が増えたからでしょうか、
喫茶店のカウンターに「勉強などでの長時間のご利用はご遠慮ください
といった内容がよく書かれています。

場所によってはPCの使用なども制限があるようです。

先日も僕の横で勉強している高校生(?)が店員さんに注意されていました。
その横で、PCを使って過去問を編集している私もやっていることは彼と
ほとんど変わらないはずなのですが(笑)


といっても、彼は僕よりも先にいたので、もしかしたら、ものすごく
長居をしていたのかもしれませんが。

僕の学生時代は集中力の切れやすさと相まって、もしかしたら
常識的な時間しか利用してなかったので、注意されなかったのかもしれません。


でも、先日、喫茶店のオーナーと話す機会があったのですが、最近はコーヒー一杯で
4時間も5時間もいることに違和感を覚えない人が以前より増えているそうです。


関西のほうでは学生がマックを占拠しているなんてトラブルも発生しているので
そのあたりのモラルはやや欠けているのかもしれません。

でも、そのせいで、一時間くらいちょっと勉強しようなんて学生が
喫茶店を使えなくなると結構不便な気もします。


図書館という選択肢もありますが、なぜか浮浪者(?)っぽい人に占拠されている
ときが多々あると聞きますし。

そう考えると、昨今の塾・予備校としては自習室をしっかり完備してあるというのは
重要なファクターかもしれませんね。

昔と違って学生が減ったので、自習室待ちという謎の減少はもうないのでしょうかね。


う〜ん、早稲田について書く予定のはずが、関係のないことをダラダラと...
これもきっと暑さのせいですな。明日、明後日は連休なので現役生はじっくりと
勉強をしてほしいですが、夏バテを起こさないように気をつけてくださいね。
posted by Dieu at 00:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。