2012年07月12日

夏の学習について


いよいよ夏期講習ですが、早稲田慶應上智、あるいは
MARCHに行きたい受験生の必須事項をチェック!!

早慶上智MARCHといった難関大学のために必要なことをあげたらきりがありませんし、
現段階の学力によってだいぶ差があるのは事実ですが、ものすご〜くザックリ言うと、

夏の最低ラインは秋以降の過去問演習に耐えうる基礎体力作りではないでしょうか。
浪人生は夏くらいから過去問に手を伸ばせる人も多いかと思いますが、現役生に
関しては本格的に取り組むのが秋以降だと思います。そのための基礎力を夏の間に
なんとか完成させることです。

具体的に何をやるのかというと、

@まず過去問を一年分やって、雰囲気をつかむ
A単語帳を一冊仕上げる
B構文を受験レベルに引き上げる(英文解釈の項目も参照)


う〜ん、こんなところでしょうか。特にAとBは必須事項で、夏休みを除くと
現役生がたっぷり時間を使えるの期間はほとんどありません。

夏休みを終えても英単語がぁ...などと言っていては合格はおぼつかなくなります。
あるいは、ちょっと構文が複雑だと内容がわからなくなる人もやはり先が厳しい。
A、Bは夏が最後のチャンスだとおもってもらいたいです。

ただし、これはあくまでも最低ライン。しかもどちらかというとMARCHレベルの最低
ラインといったところで、早慶の場合は単語・構文を仕上げたうえで英語の長文を1〜2冊は
完成させてほしい
ところ。


ちょっと大変かもしれませんが、早慶志願者でこの時期に単語がまったく??です
という人は少ないでしょうから(少なくともそう期待しています)、構文もある程度
クリアできていれば長文問題2冊は余裕ですよね♪

夏期講習なども多くの人が利用するかと思います。密度の濃い夏になるように、
単語があやしい人は今すぐにでも始めてください。


posted by Dieu at 22:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。