2006年11月20日

英語長文の噂の問題集

今日はハイレベルな英語長文の問題集を紹介します。
受験レベルを越えたものもありますが、解釈の基礎を身につけたら参考
にしてくださいね。



本日はこれから2冊紹介しようと思いますが、
最初に紹介するほうは、やや難〜難の問題集で、
英語が得意な受験生におすすめの、挑戦する価値がある本です。
浪人生ならここを目標にして欲しいレベルです。


後に紹介する方は、はっきりいって取っ付き難い問題集です。
日本語も少し古臭い言葉使いで書かれ、受験のレベルもはるかに超えています。

ただし、本格的に英語学習をしたい人には十分な内容であると思うので、
あえてここで紹介することにします。

これができれば、大学院も受かります。みなさんが第一志望に合格した
後や、英語が本当に得意な高校1〜2年生など、やってみてはいかがでしょうか。

英語の苦手な方は、後に紹介する問題集をライバルがやってたとしても、
きにせず無視して自分のペースで学習を続けましょう。

もったいぶりすぎですね、そろそろ問題集を紹介してみます。
まず一冊目は、いわずとしれたベストセラーのこの本です。

英文標準問題精講

意外でしたか?もうすでに持っている、あるいはやったことがある人
もきっといるかと思います。標準なんてなってますけど、
実はこれものすごくハイレベルな問題集なんです。
だからきっとこれをやり始めたけど途中で挫折した方多いのではないでしょうか?

なぜ難しいかというと、扱われている英文が一流の文章であることと、
解説がコンパクトにまとめられていて、解釈のプロセスまで説明して
いないという2つの点に起因します。

これができれば大学受験に必要な力は
十分あることになります。以前に紹介したポレポレなどで解釈のプロセスをしっか
りと身につけたあとで是非このレベルを目標にしましょう。
くれぐれも、基礎ができていないのにいきなりこの問題集を使わない事です
それさえ守れば、挫折することなく、きっとアナタの強い味方になりますよ。


さて、もう一つの問題集です。
何度も言いますが、無理して使用しない事です。
一部の集団で話題になって、みんなでやり始めて全員挫折なんてことがある
ので、その予防のためにも紹介します。

思考訓練の場としての英文解釈 1 (1)

思考訓練の場としての 英文解釈2

英語に自信があるかたはやってみてください。
ボクが大学で知り合った女性で、この問題集を高校時代に使用してた
という強者がいました。ものすごく語学の才に溢れる人で、やはりこ
ういう人は時々いるものです。

普通の受験生はやらなくて大丈夫ですよ
(ボクも受験生の時は使用しませんでしたから。)
もし友達で使っている受験生がいて、あんまり英語が得意では
ないようなら、できるだけ早くその問題集を諦めさせましょう(笑)。

とにかく、ベストセラーの英語標準問題成功
これをまず目標にしてがんばりましょう!!


タグ:英語 長文
posted by Dieu at 21:36| 英語長文の秘伝書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。