2006年11月18日

英語の発音問題のウラ技@

英語の入試で取りこぼしたくないのが、
発音問題です。今日は「ア〜」の発音を
区別するウラ技をご紹介。いいですね、「ア」ではなく「ア〜」と伸ばす時だけですよ。

「ア〜」には2種類あります、
一つが音のこもった「あ〜」で、
もう一つがはっきり明るい「ア〜」です。

一応ここからは便宜のため、ひらがなかカタカナかで区別しておきますね。
これは見分けるのに簡単なルールがあります。

「あ〜」か「ア〜」かで悩んだらそこで使われている
アルファベットに注目してください。

そのアルファベットが、a以外で始まっていたら「あ〜」です。
逆にaから始まっていたら「ア〜」です。

ただし例外があって、
heartと<外科>を意味する、sergeant,sergeancyは、a以外なのに「ア〜」になります。

実際に具体例をあげるとすぐにわかります。

part,card,marchなどは、問題の箇所がaで始まっているので「ア〜」です。
もちろんheartもこっちにはいります。

term,perfect,birdなどはa以外ですね、だから「あ〜」になります。


1 certain 2 start 3 early 4 word

このなかで、「あ〜」と「ア〜」の発音が違うのはどれでしょう。



答えはかんたんですよね、もちろん2番ですよ。(2番だけ「ア〜」です)


posted by Dieu at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。