2006年11月14日

英文解釈のプロセス

英語の長文は受験の雛形ですよね、
長文の問題集は巷に溢れかえっていますが、
何よりもまずやらなくてはいけない種類のものがあります。☆★「めざす人ほど、Z会」。小野伸二選手も応援中!★☆


英語長文で一番のベストセラーは英文標準問題精講だと思います。

この問題集は標準といっていますが、実は最高レベルの問題集です。
英文も第一級のものから厳選されていますし、このレベルが全部できたら、大学院合格レベルになるかと思われます。

しかし、受験生にはまずやるべきことがあります。
この問題集に特徴的なのですが、受験参考書の多くは
英文解釈の結果を示すことしかしていないことです。

問題集、学校の先生の解説をきいて、
ここは倒置になっていますね。
はい、主語はここからここまでですね。
なんて解説されて、なぜそうなのか理解できなかった経験ありませんか?

そうです、参考書の解説には何故そうなるかのプロセスが抜けているのです。

まずは、プロセスの習熟に努めて、倒置・独立分詞構文などの難解な英文の構造を見抜く実力を養成してください。

まずはこれで実力育成、
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid=8472063&pid=613765&oid=5684&hid=133170
posted by Dieu at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語長文の秘伝書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27450485

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。