2006年11月12日

小論文、基礎知識を得るには...

慶應対策などで小論文の勉強を始めた時、
読書して一般教養を身につけなさい
とか言われて、途方にくれた経験ありませんか?
小論文の学習の際に、最低限の基礎知識は本当に必要です。
しかし、その基礎知識を読書でまかなうのは非常に効率が悪いです。

大学に進学してからはたくさん本を読むべきだと思いますが、
受験のときは、もっと効率よく必要なテーマに関する知識を
身につけたほうがいいでしょう。

その時オススメなのが、年度版の小論文の問題集です。
実はこれを、問題集としてではなく読書するように読むことで、
大学受験レベルで必要な知識はほぼカバーできます。

大学が出題する小論文の課題文は、メジャーなテーマを論じた本の中の
もっとも大事な部分が出題されることが多いのです。

そこで、その一番おいしい部分
その部分に関するおいしい解説
最後に、それに対するおいしい解答例の熟読

それを行うだけで知識はだいぶ身につくはずです。
自信のない方は是非試してみてください。

オススメはこれです、
新小論文ノート (2007)

問題演習はやっぱり添削、
東大生の2人に1人が利用したZ会。

ヤル気になった今こそが始めるタイミング!詳しくはこちら


posted by Dieu at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小論文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。