2006年11月06日

英語と一般教養

これをオススメします、
ジャンル別英文読解以前 (基礎知識充実編)
英語の試験は、時に大失敗してしまうことがあります。
その理由は英語以外のところにあったりします、どこでしょうか??

背景の全くわからない内容の英文が出題されたときです。

受験問題は、実力判定試験ですので、変なテーマが出題されたりは
しないのですが、一般教養的な内容は出題されます。

その時、アナタがそのテーマを全く知らなければ、
英語はよめても内容がまったくわからないなんてことになったりしてしまいます。

特に、
文系学部で科学の英文

理系学部で言語学的な英文

などが出題されたときは出来不出来がはっきりわかれます。

とくに上智、早稲田大学教育学部、国公立大学全般を志望する場合は、自分の志望学部と関係のない英文が必ずあったりしますので、ちゃんと準備しておいたほうがいいでしょう。

テーマによっては、固有の単語を持つものも少なくありません。
しらないテーマがでて、見慣れない単語のオンパレードで
まったく手が出ないという事態をさけるためにも、
しっかり対策を練ったほうがいいですね。
ラベル:受験 英語
posted by Dieu at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。