2011年01月18日

センター試験廃止


センター試験廃止!

なんて衝撃的すぎるタイトル。もちろん国をあげての(?)イベント


の一つであるセンター試験がなくなる訳はないのですが、


最近流行のセンター試験利用入試を廃止する大学が出たのです、


もう知っている人もいるかと思いますが、慶應義塾大学が


センター利用入試から撤退するそうです。


センター利用だけでなく、センター併用とか色々な策をだして


必死に集金(?)をしている大学が増えつつあるなかで、


まさに流行の逆をいく慶應大学に拍手を送りたいです。


慶應義塾を志望している学生は良くわかると思いますが、


あそこの大学はとっても記述量が多い。もちろん学部、科目に

よって違いはあるのですが、私大の中では抜群の記述量があります。


小論文や論述はもちろんですが、文学部に至ってはマークシート

の答案用紙そのものがなかった。(社会科目はもしかしたら違うかも)


マークシート式では判断できない、学生の思考力を試そう

とする大学の姿勢が伺えますね。


こうした大学がもっと増えればいいと思います。

英語講師が偉そうに言うことではないかもしれませんが、

もっとも思考力を問われそうな科目である数学の学力を

センター試験のような、短時間で器用に解く試験で計れるのかはやはり疑わしい。


私自身は文学部志望で、あまり深く考えなかった、あるいは

複数の解答法が思い付く実力がなかったから、結果として

器用に解くことができ、数学の成績が一番良かったのを

覚えています。う〜ん、やはり数学は向いていないきが...


英語に関しては、問題自体は良くできているし、基礎力の判定


としては良くできていると思いますが、国公立を志望する人にとっては、

高得点の争いになってしまうので、英語力を磨くというより

ミスをおかさないようにとにかく慎重にという、なんだか


英語そっちのけの印象を拭えなくもない。


話が全くまとまらない予感がしてきましたが(笑)

センター試験の問題の是非以上に、自分で作成した入試問題

だけを使って学生を選ぶ選択をした慶應義塾大学はやはり素晴らしいと言わざる得ません。


大学が自ら学生を発掘して、彼らを成長させて世に送り出そう

という意気込みを感じます。


私自身も、たかが塾講師ですが、目の前の学生の人間的な成長

のきっかけになれればという思いを常に抱いています。


だから、慶應大学の姿勢は、個人的にはとても嬉しく思います。


他の大学にもこの流れが普及していきますように♪
posted by Dieu at 10:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。