2008年09月02日

論理トレーニング

大学受験を目指し始めると、授業では先生が
論理的論理的...毎日のように聞いているの
ではないでしょうか。

かくいう私も英語の授業では論理という言葉を
口に出さない日がないように思います。
ただ英語の講師が論理的といつも口に出しているのは
理由がないわけではありません。

実際に巷で言われている論理という言葉は英語的な発想
で、日本で日々生活している私たちには馴染みの薄い存
在なのです。


なので受験生は論理について集中的にトレーニングする
必要がさるわけなのです。

でも、受験生は大変ですよね、

塾・予備では論理を徹底的に教わって、自宅に帰って家族と
論理的に話すと理屈っぽいと疎まれて...

挙句の果てには恋人にまで冷たいと嫌われて...


論理を知ることは絶対に必要ですが、生活の中で
バランスよく使うのには少々大変な代物かもしれ
ませんね。


せっかくなので、受験生にオススメの論理関係の書籍を
紹介しておきます。



高校生のための論理思考トレーニング (ちくま新書)

受験指導でも有名な人による論理トレーニング本。
トレーニングも大切だが、前半部分に日本にはない
論理について明確に説明してくれている。

後半は大学入試問題を使いながら論理トレーニングが
できます。ちなみに、トレーニング問題は英語なので
あしからず。


知的生産力が無限大にアップする 超人脳の作り方

ビジネス書籍では超有名な人物による一冊。超人脳なんて
受験生には関係ないかもしれませんが、実際はそれに至る
までの論理の説明が中心です。

読んでもらえばわかるのですが、先に挙げた横山氏の本と
ディベートとの絡みで共通する部分が多いです。

英語を通じて育成できる論理力が、今後の人生において
役立つ能力になることを確認してください。ぜひ、2冊を
読み比べてほしいと思います。
ラベル:英語 論理
posted by Dieu at 20:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。